私は渋谷で夜の蝶と呼ばれるキャバクラ嬢をしています。
と言っても、私が応募したのはセクキャバ求人だったんです。
初めは、セクキャバだということを知らずに応募したんですが、仕事を続けていく上でキャバクラとは違うということにすぐ気づきました。
すぐに辞めようとしたんですが、店長に私のビジュアルではキャバクラでナンバーを取ることは難しいと言われてしまい、諦めて今の店で働くことを選んだんです。
今のお店ではナンバースリー以内を常にキープしていて、不動の地位を築いていますが、もしかしたらキャバクラでも十分通用したのではないかという疑念は捨てきれません。
業界的にも顔が知られてしまって、今さらキャバクラで働くということはもちろん無理ですが、あの時店長の反対を押し切ってキャバクラに行っていたら今頃どうなっていたかと考えることはよくあります。
稼ぎにも文句はありませんし、都合やわがままも聞いてもらってとても良くしてもらっているのですが、もしかしたら店長の罪滅ぼしかもって思っちゃいます。

地域: その他のエリアの風俗情報

関連記事はこちら

(c)2017 池袋の風俗求人体験【せきらら】. All rights reserved.